• 2020.03.28

ドミニカ共和国の首都サントドミンゴ歴史地区の観光と散歩

渡航日:2018/12/3 目覚めのいい朝 ハイチからドミニカ共和国に戻ってきた翌日。 非常に目覚めのいい朝であった。 安心して眠れて、シャワーやベッドがきれい。 そして水や食料と難なく手に入る。 これがどれだけ幸せなことかを感じさせられたよるだった。 日頃日本にいる当たり前が一番幸せなのかもしれない。 朝8時くらいに街歩きをするが、大体の遺跡などは10時オープンが多い。 人気が少ないが悪くはない […]

  • 2020.03.13

ハイチからドミニカ共和国の首都サントドミンゴへ

渡航日:2018/12/3 さらばハイチ ついにハイチを出国する時が来た。 どれほど待ち望んだ事だろうか。 朝8:00に出発でチケットは30USD.出国税は10USDだ。 バスターミナルまでの移動はバイクを使って移動した。 そしてバスに無事乗ることができ、ドミニカ共和国の首都サントドミンゴを目指した。 しかし、カパイシアン市内は渋滞がひどく、街を抜け出すのに2時間以上かかった。 徒歩の方がよっぽど […]

  • 2020.03.09

ハイチの第二の都市カパイシアンの観光

渡航日:2018/12/2 観光を終えて ハイチの世界遺産シタデルの観光が終わった。 無料で案内をしてあげるといってついてきた現地の人は案の定お金を請求してきた。 流石に何時間も付き添ってくれたので手持ちがないことを伝えて支払える程度の額を渡した。 お互いに気持ちがモヤモヤしないのでお金というものは大事だ。 お金は価値と交換できる引き換え券。金自体に価値はない。 ウシジマくんの名言をふと思い出した […]

  • 2020.03.08

ハイチの世界遺産ラフェリエール城の観光

渡航日:2018/12/2 救世主 世界遺産シタデルのもう一つの城砦であるラフェリエール城を目指していた。 片道10kmの道をひたすら歩く。 トレッキングどころか登山のレベルである。 この際に水を持っておらず脱水症状で死にかけていた。 倒れる寸前にとある青年と出会い、飲み物を要求した。 すると彼はいきなり木の上に登り始めてヤシの実を取ってきた。 これには非常に驚いて思わず声が出てしまった。 そして […]

  • 2020.03.04

ハイチの世界遺産シタデルの観光

渡航日:2018/12/2 ミロ村へ 朝7時に起きて世界遺産シタデルへ。 拠点となるミロ村までタクシーを1日借りて観光する。 値段は往復40ドルで観光ができる。 乗合バスなどが無いことは無いがオススメはしない。 ほとんどがフランス語しか話せないと観光客が少ないからだ。 物騒な事件が多いので気をつけよう。 朝になって外が明るいこともあり、街の汚さが目立つ。 すぐ近くは空港となっているが使われてる形跡 […]

  • 2020.02.28

ドミニカ共和国から中南米最貧困国ハイチまでの道のり

渡航日:2018/12/1 覚悟を決めた渡航 ついにこの日が来た。 ハイチ渡航の日だ。 今までいろんな国に行ってきたが、この国だけは非常にビビっていた。 なぜなら会う人全員にハイチの渡航を止められたからだ。 いろんな危ない国に行ったがハイチは特に情報がないので不安だらけである。 早速ドミニカからバスに乗って向かいたいと思う。 カパイシアン行きのバスはCaribe Tours社が毎日12時発で運行し […]

  • 2020.02.28

ドミニカ共和国の第二の都市サンチアゴ

特殊な空港 アメリカのマイアミからドミニカ共和国のサンチアゴに到着。 ありとあらゆる空港を訪れてきたがここの空港は非常に変わっている。 建物と外が一体になっている空間である。 その為、空港泊をする際に安心ができない。 寝るときは人目につかない場所で隠れて寝ていた。 朝になるまで移動ができなさそうなので夜明けを待っていた。 そして待ちに待った朝になった。 朝一の便で多くの人が空港に押し寄せる。 空港 […]

  • 2020.02.27

アメリカのマイアミビーチで暇つぶし

渡航日:2018/11/29 セーブポイント ブラジル生活→アマゾン、ベネズエラ→ギアナ3国→カリブ諸国と気が抜けない国の日々を終えた。 正確にはこの後にドミニカ共和国とハイチに行くので安心はできない。 アメリカも治安が悪い場所も多いがマイアミは危ない雰囲気がない。 久々の綺麗な国には感動しかない。 トランジットで半日しか滞在しないので早速バスに乗って観光スポットへ、 バスを二回乗り継いでマイアミ […]

  • 2020.02.26

ジャマイカのキングストンでの逃亡劇

渡航日:2018/11/28 悲劇の予兆 前回の記事に引き続きキングストンの街歩きについて。 現地で出会った男に町を案内してもらう。 前半は何一つ文句がなくて最高の人だと感じた。 しかし、別れ際になると急に態度が変わった。 “今日は案内をしてやったから500USDな” それを聞いた僕は払いたくないので断った。 そういうと彼は今にでも殺してきそうな殺気を放ったのでポケットにあ […]

  • 2020.02.23

ジャマイカの首都キングストンのドキドキワクワクの町歩き!

緊張の瞬間 トリニダードトバゴからジャマイカへ。 ジャマイカのイメージは治安が悪く、足の速いイメージ。 治安が悪くても市内から空港まではバスを利用する。 バスを待っていると警察が話しかけてきて治安悪いから気を付けろと助言を頂いた。 荷物を取られないように気をつける。 ローカルバスは強盗が多いが安いので利用してみる。 当然観光客などは乗っておらず周りにすごい見られている。 ジャマイカにきて感じたこと […]

1 18