カリブ海に浮かぶ島トリニダード・トバゴの観光

カリブ海に浮かぶ島トリニダード・トバゴの観光

渡航日2018/11/27

朝のガイアナ

ゴキブリと共に寝た僕は朝一で空港へ向かうことにした。

早朝のジョージタウンは危険と言われたのでタクシーでバスターミナルへ。

タクシーの値段は2〜3kmで150円。

そして42番のバスに乗り、ジョージタウン市内から空港までも150円。

距離は異なるのに値段が同じなのはなんとも言えない。

基本的に地元民が多く使うものは安い。

需要と供給というやつだ。


車の出発時間は決まっておらず、満員になり次第出発。

朝一で行くとすぐに人が集まるので10分ほどしか待たなかった。

窓際に座っていたので外から声をかけられるが、音楽を聴いて無視。

窓は用事がない限り基本は開けない。

そして1時間ほどでジョージタウンの空港に到着。

南米とお別れの時


空港は驚くほど綺麗で驚いてしまった。

アフリカ感のあるこの国で唯一南米を感じた瞬間。

しかし、WIFIは一切なくてボーッとしていた。

その時に空港職員?に声をかけられて

ガイアナについてアンケートを書いてほしいと言われた。

そこで僕はありとあらゆるものが最悪と書いた。

しかし、ガイアナの人達は優しい人が多かったので国民性だけは好きだ。

ガイアナを出国したことにより長かった南米ともお別れ。

南米の渡航は非常に楽しかった。

語るに語りきれない思い出や経験ができた。

自然巡りをするなら南米が今のところ一番である。

日本から遥か遠いこの地は毎日が刺激的でした。

初めまして、カリブ諸国

飛行機に乗って一時間後、カリブ諸国の南部の国トリニダード・トバゴに到着。

この国は世界三大カーニバルのスティールパンが有名である。

訪れたときはオフシーズンなので残念だったが、せっかくなので寄り道をしてみた。

空港のKFCでご飯を食べたあと市内へ向かう。

市内へのバスは売店で購入でき片道60円ほどである。

空港を出て左側に進むと赤いバス看板が潜んでいる。

なかなか気がつかない場所にあったので売店の職員に聞いたほうがいいだろう。

補足をするとバスは1時間に一本と言われてたが、2時間くらい待っていた。

待ち時間に一緒に並んでいたトリニダード・トバゴ人のおばあちゃんと会話をしていた。

年齢を聞かれて、これまでの渡航やブラジルに住んでたとこを言うと驚かれた。

同時にいい人生を歩んでいると言われた。

これについてはっきりyesとは答えられないがたくさん旅をした。

これがyesとはっきり言える人生にする。

驚きの出来事

バスの中でトリニダード・トバゴの国の特徴について聞いた。

本土はトリニダード島でこれからむかう首都ポートオブスペインは治安が悪いとのこと。

かつて日本人も殺されている場所なので注意をする。

おばあちゃんは首都から少し離れたサンフェルナンドに住んでいるので途中の船乗り場まで一緒に行動した。

この国は意外にも英語圏で旅がしやすい。

ポートオブスペイン到着後、なんとおばあちゃんがアイスを奢ってくれた。

海外に出てこんなことは今まであんまりなかった。

感動としか言いようがない。

真夏に食べるアイスは非常に美味しくて甘い。

甘いどころか甘すぎるアイスである。

ブラジルでろくに動かなかったら7kg太った。

観光案内してもらう

おばあちゃんに観光案内をしてもらいつつフェリーターミナルを目指す。

街は意外にも栄えており、KFCもある。

いつもKFCを食べる理由はどこでも味が変わらず安心して食べれるからだ。

おまけにWIFIもある。

この事を前に記事にあげた記憶があるが大事なので二回いう。

治安の悪い国ではKFCを有効活用をしてほしい。

久々に高層ビルを見て気分が高まった。

すぐ近くにはローカル感満載の通りがあるので住みやすそうだ。

ただ、歩いていて感じたことが一つ。

特別これといった観光スポットがない。

三大カーニバルの期間外はあまり楽しめないと感じた。

街から少し離れた場所はおそらく楽しめるだろう。

フェリーターミナルの近くには敷居の高いホテルがある。

このホテルでは寿司を食べることができるが、値段が高いのでやめた。

ホテルの上層部にいけるか受付で聞いたら断られたのでロビーでWIFIを借りてくつろいでいた。

カリブ諸国の海は綺麗かと思っていたがこの周辺の海は微妙である。

しばらくしておばあちゃんのフェリーの時間になったのでお別れ。

人の優しさを感じた時間でした。

一人で歩こう

このあとは一人で街を散策する。

人通りが多く、治安の悪さは感じない。

見た目が怪しい人もいないので想像以上に平和だ。

街が綺麗で一つ前のガイアナと比べ物にならないくらい素敵だ。

それでもカリブ諸国では治安の悪い国なので気をつける。


ひたすら真っ直ぐ歩くと大きな公園と教会をみつけた。

この国は英国領であり、キリスト教の信者が多い。

首都の名前がポートオブスペインというくらいなのでスペイン領かと思ったが実は違う。

しかし、一部ではスペイン語も使用されてフランス語も使われる。

スペイン語が話せない僕には関係がないが。


発展した都市

道をひたすら歩いていると一際目立った建物を見つけた。

ここは劇場であり、イベント会場で使われているそうだ。

モダンを感じるこの建築物には心を打たれた。

すぐ近くにはクインズパークサバンナと呼ばれる大きな公園がある。

外は暑くこれ以上歩くのがしんどかったので引き返すことにした。

バスターミナル近くに戻ってきて大通りを散歩する。

この周辺には怪しい人もそうでない人もたくさんの人が集まっている。

道の先には教会があり、目の前にはたむろしている。

写真だけ撮ってあとはKFCに向かって時間を潰してバスターミナルへ戻ってきた。

そして空港に戻る事にした。

補足だが空港に向かうバスはゴミ処理場の前を通るので一瞬だがとんでもない臭いがする。

次に向けて

空港に到着して朝まで時間を過ごす。

WIFIもKFCもあり、空港泊は快適である。

次はジャマイカの首都キングストンへ向かう。

キングストンも治安が悪い事で有名だが、レゲエの町としても非常に人気だ。

レゲエを全く知らないが楽しみであった。

ブラジルから日本を目指す旅カテゴリの最新記事