アマゾン川とベネズエラの旅

ベネズエラからブラジルへ帰宅。マナウスで見る不思議な生き物達

冬のでも暑いアマゾン

渡航日:2018年9月20日

ベネズエラからでブラジルに戻り、ボアビスタ経由でアマゾンの最大の都市マナウスに戻ってきた。

マナウスを一言で表すと

"自然を感じさせない大きな都会"

ベレン同様、高層ビルやショッピングモールがあって便利な街である。

マナウスには3日間滞在して今回の旅は終了。

1日目はマナウス市内にある博物館と植物園に行く事にした。

虫が苦手なのでアマゾンは川渡りだけで充分でした。

ここを訪れたのは2018年の9月。

日本の9月は秋の時期だが、ブラジルは冬から春になりかけの時期である。

僕が住んでいた南部のサンパウロ州は日中は暑いが夜は寒いので訪れた当初は凍えていた。

しかし北部の赤道直下であるアマゾンは違った。

非常に日差しが強くとても暑い。

さらに熱帯地域であり雨もよく降るため湿度が高い。

アマゾンの冬は日本の真夏の様な気候である。

夏になると40°を当たり前に越えるらしい。

それどころか50°手前までいく。

非常に恐ろしい。

殺人事件

最初に訪れたのはINPAというアマゾンの研究施設。

ここには様々なアマゾンの生き物がいて楽しめる。

入口のオブジェが非常に印象的である。

しかし、僕がここに来る一週間前に隣のバス停で発砲事件があり死者が出た。

マナウスはブラジルの中でも治安が悪く耳を塞ぎたくなる事件が多い。

このあたりは交通量が多く人通りも少ないので訪れる際は気をつけましょう。

恐る恐るINPAの入口へ。

人通りが少ないので少し不安だった。

いくつか入り口があるので警備員に案内してもらった。

ブラジルに住んで感じたのは警備員は基本的に銃を所持していること。

日本ではありえないことだ。

治安が悪いってことがよくわかった瞬間。

今更感があるが。

アマゾンを知る

入場料は5R(約150円)。

館内は観光地そのもので安心できる。

暗くなる前に帰ることだけ心掛けていた。

"どこから来たの?"

と言われて日本と言ったら

"おー! ジャパー!"

と大歓迎された。

ブラジルでは日本人のことをジャパと呼ぶ。

入館後は整備された道に沿って進む。

奥にはアマゾンマナティーがいるらしい。

アマゾンにマナティーがいる事を始めて知った。

太平洋あたりで泳いでいる生き物だと思っていた。

ちなみに日本国内だと熱川バナナワニ園でアマゾンマナティーを見ることができるとのこと。

アマゾンに行くのが厳しい人は是非。

メインスポット

入り口から5分ほど歩いて水槽に到着。

おそらく館内のメインスポットだが、誰一人いない。

廃れている感じだった。

外は暑く、治安もよくなければマナウスのアクセスが悪いからだと思うが。

きっと本場のアマゾンマナティーを見に行ってるんだろうと捉えておく。



これがアマゾンマナティー。

正直な感想はアマゾンマナティーだ。

ただ、その一言だった。

生き物に興味が無いからなのかマナティーの生態を知らないからなのかわからないが感動は薄い。

マナティーについて調べたところ14分も潜水ができる哺乳類である。

アマゾンでは食用として食べられていると。

是非一度は食べてみたいものだ。

森林浴

アマゾンマナティーを見終わったあとは館内を一周することにする。

背丈の高い木がたくさん並んでいるので木陰がいい感じだ。

それでも暑いが。

周辺は水が流れていて魚がいる。

水があるということはもちろん蚊がいるので虫除けは必須。

途中暑すぎて冷たいものが食べたくなったのでアサイーのアイスを購入。

250円くらいと日本と変わらない値段。

南米は物価が安いイメージがあるが全部がそういうわけでは無い。

チリ、アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイは日本と同等かそれ以上の物価である。

旅をするときは短期の滞在をオススメしますが、領土の広いブラジルは長期滞在しましょう。

アマゾンの生き物達

さらに奥に進むと檻の中にワニを発見。

ワニには少し心が揺らいだ。

テレビでしか見たことが無いので感動した。

しかし、いくら眺めていても一向に動かないのでつまらない。

きっと人間と同様、暑いから動かないんだろう。

このあとは檻の後ろにある建物へ。

入り口には見たことのない亀を見つけた。

"この亀は生きているのか??"

と思うくらい顔が潰れて歪な亀である。

この亀の名前がわからないが一度見たら忘れない亀だ。

名前を知っている人は是非教えてください。

終盤

博物館でいろんな生き物をみていたら警察に声をかけられた。

英語が話せたので周辺を案内してもらった。

一緒に写真を撮ろうとしたが、勤務中なのでダメだと。

だけど椅子に座ってスマホをいじってた。

変に几帳面だ。

遊歩道を歩いて入り口あたりに戻ってきた。

マナウス市内の観光はあまり期待してなかったが、普通に良かった。

想像以上に楽しめた。

日も沈みはじめたのでこの日はすぐにホテルに戻ってゆっくり休んだ。

マナウス1日目は存分に楽しめた。

-アマゾン川とベネズエラの旅

© 2020 空飛ぶ渡航記 Powered by AFFINGER5