2/20ページ

2/20ページ
  • 2020.04.07

サンフランシスコの刑務所・アルカトラズ島

渡航日:2018/12/7 海に浮かぶ要塞 船に乗るのは今回の旅の序盤のスリナムからガイアナのルート以来である。 船のクオリティーは言うまでもない。 そこそこ綺麗な海と綺麗な街を眺めながら観光を楽しんでいた。 そして周りにいる楽しそうな人達。 正直比べるのはどうかと思うが、貧困層と富裕層の笑顔はどこかが違う。 こればかりはもう少ししないとわからないことなのかもしれない。 もしかしたらわからないまま […]

  • 2020.04.04

サンフランシスコの観光

渡航日:2018/12/7 低所得者の旅 ダラスから次に向かった場所はアメリカ西部の街サンフランシスコ。 いよいよ太平洋側に来たので間も無く帰国である。 サンフランシスコから中国の青島→北京→日本という流れだ。 サンフランシスコには夜中到着したので空港のソファで寝る。 正直ホテルに泊まりたかったが、ここは我慢。 そして朝になり電車を使って中心地へ。 僕の個人的な偏見だが、空港泊+現地のバスや電車移 […]

  • 2020.04.04

アメリカで一日留学した話

渡航日:2018/12/5〜6 はじめての海外の大学 ダラスの観光を終えてダラスで出会った友人の大学へ向かった。 辺りは既に暗くなっていた。 それと同時にディズニーのようなライトアップされている場所に到着した。 どうやらこれが彼の通う大学であった。 ただの大学なのに感動してしまった。 到着後は夕食を食べることにする。 有料ではあったものの食べ放題なので非常にありがたい。 正直アメリカは想像以上に物 […]

  • 2020.04.04

アメリカのダラス観光

渡航日:2018/12/05 過酷すぎる旅の終わり ドミニカ共和国の旅がついに終わってアメリカに戻ってきた。 まだ日本に到着した訳ではないのに安心をしてしまう。 アメリカも場所によっては非常に危険だが、これまでの中南米と比べると安全である。 ただしこれは世界共通のことだが、歩く場所を間違えなければ大丈夫。 空港から電車を乗り継いで街に到着。 来た場所はアメリカのテキサス州のダラスである。 やはり都 […]

  • 2020.03.28

ドミニカ共和国の首都サントドミンゴ歴史地区の観光と散歩

渡航日:2018/12/3 目覚めのいい朝 ハイチからドミニカ共和国に戻ってきた翌日。 非常に目覚めのいい朝であった。 安心して眠れて、シャワーやベッドがきれい。 そして水や食料と難なく手に入る。 これがどれだけ幸せなことかを感じさせられたよるだった。 日頃日本にいる当たり前が一番幸せなのかもしれない。 朝8時くらいに街歩きをするが、大体の遺跡などは10時オープンが多い。 人気が少ないが悪くはない […]

  • 2020.03.13

ハイチからドミニカ共和国の首都サントドミンゴへ

渡航日:2018/12/3 さらばハイチ ついにハイチを出国する時が来た。 どれほど待ち望んだ事だろうか。 朝8:00に出発でチケットは30USD.出国税は10USDだ。 バスターミナルまでの移動はバイクを使って移動した。 そしてバスに無事乗ることができ、ドミニカ共和国の首都サントドミンゴを目指した。 しかし、カパイシアン市内は渋滞がひどく、街を抜け出すのに2時間以上かかった。 徒歩の方がよっぽど […]

  • 2020.03.09

ハイチの第二の都市カパイシアンの観光

渡航日:2018/12/2 観光を終えて ハイチの世界遺産シタデルの観光が終わった。 無料で案内をしてあげるといってついてきた現地の人は案の定お金を請求してきた。 流石に何時間も付き添ってくれたので手持ちがないことを伝えて支払える程度の額を渡した。 お互いに気持ちがモヤモヤしないのでお金というものは大事だ。 お金は価値と交換できる引き換え券。金自体に価値はない。 ウシジマくんの名言をふと思い出した […]

  • 2020.03.08

ハイチの世界遺産ラフェリエール城の観光

渡航日:2018/12/2 救世主 世界遺産シタデルのもう一つの城砦であるラフェリエール城を目指していた。 片道10kmの道をひたすら歩く。 トレッキングどころか登山のレベルである。 この際に水を持っておらず脱水症状で死にかけていた。 倒れる寸前にとある青年と出会い、飲み物を要求した。 すると彼はいきなり木の上に登り始めてヤシの実を取ってきた。 これには非常に驚いて思わず声が出てしまった。 そして […]

  • 2020.03.04

ハイチの世界遺産シタデルの観光

渡航日:2018/12/2 ミロ村へ 朝7時に起きて世界遺産シタデルへ。 拠点となるミロ村までタクシーを1日借りて観光する。 値段は往復40ドルで観光ができる。 乗合バスなどが無いことは無いがオススメはしない。 ほとんどがフランス語しか話せないと観光客が少ないからだ。 物騒な事件が多いので気をつけよう。 朝になって外が明るいこともあり、街の汚さが目立つ。 すぐ近くは空港となっているが使われてる形跡 […]

  • 2020.02.28

ドミニカ共和国から中南米最貧困国ハイチまでの道のり

渡航日:2018/12/1 覚悟を決めた渡航 ついにこの日が来た。 ハイチ渡航の日だ。 今までいろんな国に行ってきたが、この国だけは非常にビビっていた。 なぜなら会う人全員にハイチの渡航を止められたからだ。 いろんな危ない国に行ったがハイチは特に情報がないので不安だらけである。 早速ドミニカからバスに乗って向かいたいと思う。 カパイシアン行きのバスはCaribe Tours社が毎日12時発で運行し […]

1 2 20