中南米縦断の旅

グアテマラの古都アンティグアの街歩き

首都には絶対近づくな!

エルサルバドルで一夜を過ごして次はグアテマラへ。

エルサルバドルでもう一日の滞在を考えたが無駄だし危ないと感じて出国。

グアテマラでは日本人に人気の町アンティグアへ向かいます。

一度首都のグアテマラシティまで行きバンに乗り換えてアンティグアまで行きます。

昼ごはんをグアテマラシティで食べようと思ったらまたまたバスの人に止められてアンティグアまで我慢した。

この国も観光客が多くても危ないんですね。

スペイン語留学

アンティグアに到着。

紫色の木が非常に綺麗。

ここは先ほどのグアテマラシティとは違い落ち着いた雰囲気の田舎町。

居心地がいいので旅人が沈没する理由がよくわかる。

いままでの中米の街とは全く異なり安心して歩ける。

ここグアテマラは物価が安くスペイン語留学で滞在する方が多い。

僕もグアテマラ留学は一度してみたいと感じたがコロンビアに行く予定です。

花や山と言った自然はもちろん、街並みも綺麗で建築物もカラフルでお土産も豊富。

アンティグアはもう一度戻ってきたい街である。

久しぶりにのんびりと歩けた場所です。

世界一のマクドナルド

ホテルに荷物を置いて落ち着いたところで昼ごはんを食べる。

グアテマラシティでKFCを見つけたがここアンティグアは無い為マクドナルドへ。

ロケーションが世界一と言われてるマクドナルドなので楽しみであった。

店内も昼過ぎなのに割と混んでいたので期待をしていた。

しかし、いざ景色をみてみると、、。

空が曇っていて山が薄っすらみえる。

ドナルドが偉そうに噴水の前に座ってるだけなので残念だった。

晴れてたら多分いい景色だと感じた。

それでも世界で一番とは思わないが、、。

残念な景色を眺めて一人悲しくマクドナルドをいただいた。

日本人に大人気の理由

ここが日本人に人気の理由は

古い街並みが残っており人が優しく一年中過ごしやすいからだ。

かつてアンティグアはグアテマラの首都だったので程々に栄えてます。

中米の中でも治安が良いいため安心して過ごせるのも1つの理由です。

唯一の短所は日本からのアクセスが悪い。

そのくらいですかね??

路上には屋台が多く特にマンゴーが至る所で売っていた。

僕の大好物なので3個ほど食べた。

それでも300円以下で美味しくいただけたので大満足です。

この奥を歩いて進むとアンティグアの丘があるので目指します。

ここももちろん世界遺産にも登録されております。

奥に進むと人集りが出来ていた。

どうやら大道芸が行われている。

割と面白くて時間を忘れるくらい熱中していた。

こういった人を楽しませたり感動させるパフォーマンスがあればもっと世界を楽しく旅ができると感じた。

僕はバスケットしかできないのでボールを使ってコミュニケーションを生み出している。

自身に何か1つでも武器があるとより旅を楽しめるので早めに見つけましょう。

苦労の先に見えるもの

丘までは長い階段を登る。

これが意外と体力を奪われてきつい。

しかし登りきった後に待ち受けている景色は非常に美しい。

目の前に見えるアグア山は標高3760mと富士山と同じくらいである。

しかし、アンティグアが標高1500mと高い位置にあるためさほど高く感じない。

この丘からは街が一望できるため多くの人がぼんやりと座っていた。

疲れて休憩している人がほとんどだが。

時間も日没に近づいていたのでそれを待つ人もいた。

満足したところで街へ戻るが夕方になると野良犬が出没するので注意。

海外の犬は本当に怖い。

違いはなんでしょう?

中南米を旅しているのでコロニアル様式の建物をたくさん見てきた。

同じような建物ばかりと感じたので

"違いはなんなのか?"

そう疑問に感じた。

答えはわからないけど同じものは絶対に存在しない。

そう捉えている。

自分にとっては同じものにしか見えないが他の人には違うかもしれない。

どんな場所でも誰かにとってはかけがえのない思い出の場所である。

僕にはただの建物にしか感じないものでも他の人にとっては大切な場所だったり。

形あるものいずれは壊れるが地域や気候によって壊れ方もまた変わる。

こうやって物事を考えると建築は素晴らしいものだ。

中南米の魅力

夜になったので同じ宿の日本人の方と一緒にご飯を食べに行く。

治安が心配な人は誰かと行動するのもいいかと思います。

そこで出会う人はかけがえのない財産になり思い出になるので。

中米を一人で観光している方は高確率で面白い方がいます。

様々な経験をしているので話を聞いてて非常に面白いです。

市場の内部に飲食店があったのでここでがっつり食べる。

物価が安いので本当に魅力的だ。

地元の警察の方もいて非常に楽しそうな雰囲気だった。

中南米の魅力はやはり人。

ここで出会う旅人もそうだが中南米の人の人間らしい生き方は人生の参考になる。

お堅い日本も真面目かので素敵だが、個人的には人間らしく生きたいので中南米の方が好きです。

ホテルに戻った後はビールを飲んでのんびりしていた。

次の日はまたまた殺人大国ホンジュラスなので悔いのないように楽しんだ。

中南米を縦断すると人生いつ何があるかわからないと強く感じます。

生きている事には常に感謝です。

-中南米縦断の旅

© 2020 空飛ぶ渡航記 Powered by AFFINGER5