神速トラベル日記

~何も無いからこそ全てを得る事ができる〜

メキシコのティオティワカン遺跡に無料で入れた話

time 2019/02/22

メキシコのティオティワカン遺跡に無料で入れた話

sponsored link

最後の街

中南米の縦断が終わり最後の街へ。

カンクンから首都メキシコシティへ。

メキシコシティでは3日間ほど滞在してゆっくりする。

カンクンの夜景は素敵です。

いよいよ日本に向けての帰国準備。

特に何もないが。

夜中のメキシコ

メキシコシティの空港には22時頃に到着。

治安が良くないためタクシーでホテルへ向かおうと考えていたが運賃が高いためメトロへ。

メトロはひったくりやスリといった犯罪が非常に多いため要注意

クオリティが悪くて非常に汚いが乗れるだけマシだ。

日本の満員電車よりは好きだ。

中心地に到着後はホテルへ。

夜中はなかなか危ない雰囲気であるため注意して歩く。

しかしここで何かあっても後は帰るだけなので堂々と歩いていた。

失うものが無い人はなによりも最強だと感じた。

そしてこの日はゆっくり寝た。

そんなことある?

次の日は午後から人気のティオティワカン遺跡へ。

メトロ→バスと移動が大変だったが無事に到着。

入り口は屋台が並んでおり品揃えは豊富。

お土産などを考えたが特に買う人がいないため素通り。

入り口には多くの観光客が。

この日は日曜日である。

ティオティワカンは日曜日だとメキシコ人は無料で入ることができるため激混みしている。

入場券を買おうとしたら

メキシコ人は無料だよ、入っていいよ

と。

驚きだった。

現地の人に見られたんですよね、、。

そんなことあるんですか??

ラッキーだったのでそのまま遺跡へ。

テキーラ

遺跡の周辺には不思議な形のサボテンが生えている。

メキシコはテキーラが有名でサボテンが原料ということを知った。

滞在中には必ず飲もうと思っていた。

そしてあとはコロナビール

メキシコはある意味楽園かもしれない。

目の前の遺跡は高さ65mで248段の階段とチチェンイッツァよりも大きい。

ここを一周すると行列ができていた。

頂上まで登る列でした。

流石に並ぼうとは思わなかったので他の場所へと引き返した

日曜日ティオティワカンはオススメしない。

大混雑

そしてメインの方から離れ違うエリアへ。

どこを見渡しても人ばかりなのでなかなか疲れる。

普段は人の少ない場所を好むがせっかくメキシコに来たので楽しみます。

奥には月のピラミッドが見えたのでそっちに登ることにした。

妥協をした。

左に見えるのが最初に見た太陽のピラミッド

やはり存在感は抜群。

ピラミッドの前では演奏や踊りが披露されていたりして楽しめた。

まるでタイムスリップしたような感覚になった。

眺めが良かったので満足。

階段は急な勾配なので要注意。

2時間

結論からするとピラミッドも登りました。

時間があったので頑張ってみた。

ただ飲み物も速攻で尽きて炎天下の中の行列は辛かった。

どんなときも水は多めに持ちましょう。

周りには誰も話せる人がいなくて無心で並んでいた。

ただ辛かった。

そして頂上の景色。

達成感があったため喜びの表情が浮き上がった。

しかしあまりにも人が多いため早めに退散。

たった5〜10分のために2時間並んだのはなんだかディズニーを思い出す。

人々はゴールが見えていれば耐えられる物なんだと感じた。

食べ放題

先ほどの屋台の通りを歩いていてお腹が空いたため客引きされてレストランへ。

お店はレストランとバーの両方があり雰囲気も非常にいい。

wifiもあったためのんびりさせてもらった。

人も多くて店も繁盛している。

海外の飲食店は人の多いところを選ぶようにすると安全である。

料理は写真で美味しそうなものを選んだ。

豆を煮込んだ食べ物とライスとスープ。

豆はブラジルフェジョアーダに似ていたので美味しかった。

ライスとスープも食べ慣れた味だった。

そしてタコスの生地は食べ放題だったのでひたすら味をつけて食べていた。

大満足です。

迷子

バス乗り場を探すが見当たらない。

最初に降りた場所にいっても誰もいない。

日が沈みそうなタイミングで迷子になってしまった。

人通りの多い場所に戻ってバスの場所をきいてなんとかなった。

あらかじめ場所を把握しておくべきだった。

バスを待っていたら驚きの光景が。

乗用車に15人ほど乗っている車がいた。

“日本だったら確実にOUTだろ”

そんなことを思っていた。

日本と色々比べてしまう事がある。

そうするとその国のいいところと悪いところがみえる。

自分の聖地

ホテルに戻ったあとはコロナバーへ。

一番好きなビールはコロナなので僕からしたらここは聖地だった。

タコスやセビーチェなどのメキシコ料理を美味しくいただいた。

メキシコはすごくいい国だ。

その後もホテルで飲みまくって一日を終えた。

sponsored link

down

コメントする




特集

自己紹介

空飛ぶ宮崎

空飛ぶ宮崎

横浜在住の22歳の大学生。 日本全都道府県を訪問し、2017年8月に初海外で東南アジアを渡航。 現在までに48カ国120都市を訪問しブラジル・サンパウロ州に半年在住。



sponsored link