神速トラベル日記

~何も無いからこそ全てを得る事ができる〜

メキシコシティで残念続きの街歩きをした

time 2019/02/23

メキシコシティで残念続きの街歩きをした

sponsored link

最後の日

ついに最後の日。

充実した過酷な二ヶ月だった。

この日はホテルで出会った方と街歩き。

最初はグアダルーペ寺院へ。

この周辺にはいくつもの教会があるので順番に周る。

最初は階段を登り小さな教会へ。

写真撮影がダメだったので残念。

後ろを振り返るとグアダルーペが見渡せる。

450年間色褪せないと言われている非常に古い教会

これぞグアダルーペの奇跡である。

メキシコとは思えない

階段を降りると花や噴水、そして教会。

まるでヨーロッパの庭園である。

ここはメキシコらしさが無いので不思議だ。

天気もいいので歩いてて楽しい。

そのかわり炎天下であるが。

奥には広い広場と時計がある。

一定の時間になるとチャイムが鳴り演奏が始まる。

真ん中から人形が出てきてなかなか面白い。

そしてこのあとはグアダルーペの内部へ。

教会巡りです。

静かな田舎町

グアダルーペの内部は非常に広く、多くのオルガンパイプがあるのでデザインが素敵。

とても気に入っている。

隣にはいろんな国家が飾られており国家当てクイズをした。

キリスト教ではないのでお祈りなどはみていただけである。

海外を周ると宗教は大切だと感じる。

日本にいると特に宗教を気にした事がないが海外だと別。

ほかの国がいかに熱心かが伝わる。

ここが先ほどの中心部の十字架。

動く歩道で移動のため横に流れながら写真を撮る。

右側にマリアの絵が飾られておりキリストを感じさせていただいた。

グアダルーペの観光を終えたあとは次の場所を目指しメトロへ。

二人での行動だとなかなか安心できる。

静かな田舎

途中、日本でよくお世話になるすき家を見つけた。

帰国するまで日本食を食べないと決めていたのに入ってしまった。

帰国前日にしてすき家が目の前に現れるとは思わなかった。

というよりもすき家があるとは驚きだ。

海外にいくつかチェーン展開しておりブラジルタイなどにも存在する。

ブラジルのときはめちゃくちゃお世話になった。

お店に入ると

“いらっしゃいませ”

日本に帰ってきた感覚になる。

メニューも牛丼、カレー、ラーメン、、

日本食だ。

とりあえず食べたかったラーメンと牛丼を注文。

牛丼はおいしかったがラーメンは微妙である。

メキシコの可能性

次の目的地はルイスバラガン邸へ。

建築学生としていくべき場所だと。

この場所は世界遺産に登録されているので旅人としてもいくべき場所だと。

途中歩いていると高層ビルを建設していたらしたので驚きだ。

この国もいずれ大きく発展すると未来を感じた瞬間。

メキシコに可能性を感じた。

途中の公園もなかなかいい散歩コースである。

公園の奥にルイスバラガン邸があるので園内を回りつつ向かう。

暑いので日陰で休憩したりのんびりした。

休日の散歩感MAXでした。

静かな田舎町

公園を歩いているとお城を発見。

どうやらチャプルテペック城という場所であり観光客に人気である。

この日は月曜日で休館日だったので残念。

下から見上げて写真を撮るだけで終わってしまった。

他にも博物館などもあるので次回来た時にいこうと思った。

公園にはリスが何匹かいてゴミ箱でさまよっていた。

なんとしてもカメラに収めたいと思い脅かさないように頑張った。

街の中に野生のリスがいてこの国は自然と共存していると思った。

日本の横浜にリスはいるのか?

やられた、、。

ルイスバラガン邸に到着したがどこが入り口かわからなかった。

どこも空いていないので彷徨ってた。

そして入り口を見たら

“今日は休館日です”

またまた休館日と重なってしまった。

残念である。

せっかく来たので周辺を散歩するが本当に何もない。

近くには遊園地があるが行かなかった。

絶叫が乗れないため。

この周辺は住宅街で何もないので諦めて次の場所へ。

こんな日もありますよね。

大学で迷子

次は世界遺産のメキシコ国立自治大学へ。

大学が世界遺産とは驚きだ。

中央キャンパスが指定されている事なので歩いてみるが大学が見当たらない。

というよりも明らかにやばいところに到着した。

心配せずに歩いていく。

結果としては何も無かったので良しとするか。

そして大学? の入り口に到着するが誰もいない。

自由に入れるので奥へ進んでみることに。

すっかりと日が暮れてしまい急ぎ足で館内へ。

キャンパスが広すぎて大学で迷子になっていた。

ここもしっかり調べるべきだと後悔。

静かな田舎町

そしていくつか建物を見つけたが写真でみたものと違う。

何が何だか分からなかった。

しかしせっかく来たのでそれなりに観光する。

かなり歩いたため非常に疲れた。

そして奥の方に進むとユネスコのマークを発見。

ユネスコのマークの先は門が閉ざされていたので入れず。

柵越しからカメラで写真撮影をした。

お目当ての建物を見つけられずタクシーで近くの駅へ。

その途中に建物をみつけた。

どうやら逆方面を彷徨っていたことが発覚。

カメラで撮ることはできなかったが目に焼き付けたので満足。

残念続きだったが中南米の旅はこれにておしまい。

非常に濃い二ヶ月間でした。

sponsored link

down

コメントする




特集

自己紹介

空飛ぶ宮崎

空飛ぶ宮崎

横浜在住の22歳の大学生。 日本全都道府県を訪問し、2017年8月に初海外で東南アジアを渡航。 現在までに48カ国120都市を訪問しブラジル・サンパウロ州に半年在住。



sponsored link