キプロスの首都ニコシアの街歩きとリマソールまでの行き方

キプロスの首都ニコシアの街歩きとリマソールまでの行き方

バスの時間

北キプロスから戻ってきた後は首都ニコシアの観光。

夕方頃になると人が多く集まり街が賑わう。

街中にバーやカファといった飲食店が多いので仕事終わりの人や観光客が沢山いる。

その景色は平和そのものだ。

特に多く見かけるのはシーシャ。

満面の笑みで吸ってる人がいるが僕は吸わない。

先にバスターミナルに向かい帰りの時間を調べる。

リマソールまでのバス

・運行時間

月曜〜金曜 始発6:00  21:45

土日祝  始発7:00 終電19:30

・料金

5ユーロ

といった感じである。

終電でリマソールに向かうことにする。

これからのニコシア

ニコシアのバスターミナル周辺は大規模な工事が施されており今後伸びていく国だろう。

あとは隣の国の北キプロスとどうなっていくかだ。

基本的に南北は対立国は交わることは非常に難しい。

ピリピリしたかんじではあるが紛争までには至らないんじゃないかと思ってる。

公衆トイレでそんなことを考えていた。

そしてトイレ事情は日本が世界一。

キプロスは平均的に見ると観光客で賑わう国である。

それくらい魅力の多い国ということである。

首都のニコシアは特別これといったものはないが人気である。

北キプロスが注目されているからだ。

世界的に珍しい国なので旅人にも非常にオススメだ。

賑やかな夜

リドラ通りとその隣のオナサゴル通りは旧市街のメインスポット。

ニコシアはここを通って観光すれば問題ないだろう。

ほぼほぼなんでもあります。

ゲームセンターがあるとは思わなかったので驚いた。

もちろんKFCもあります。

KFCを目指して街を歩く。

実は20カ国でKFCを食べ続けているのであれば必ず行く感じである。

ぼくはKFCがキプロスで一番のメインスポットだと思っている。

それは冗談です。

飲食店もたくさんあるので色々見てから決めるのがいいかと思います。

北キプロスではトルコ料理がたくさんあり、キプロスはギリシャ料理とファストフードがあります。

KFC

KFCで夜ご飯。

WIFIがあり、安心して食べれるからだ。

外の席にはたくさんの猫がいて一緒にKFCを食べていた。

猫の多い国は治安がいいと思っている。

食べ終わったあとはバスターミナルに戻り、ホテルのあるリマソールへ。

1時間ほどで到着します。

宿泊場所

リマソールold harborという駅で降りる。

そこから15分ほど歩いたLima sol house hostelという場所に泊まる。

値段は一泊13.5ユーロでwifiとフリーキッチンがあり、タオルの貸し出しがある。

しかし冷房が無いため非常に暑い。

電源コードがすくないから延長コード推奨です。

近くに24時間やってる売店あるのでビールを是非。

落書きと治安は比例?

ホテルまでの道は落書きが多い。

どこでもそうだが落書きが多い場所は治安がいいイメージが無いので夜道は注意。

心配ならタクシーを使うのが一番です。

僕は歩いて向かいましたが人通りは一切ありません。

なのでひったくりや強盗や痴漢には注意してください。

僕は地味に体格がいいので危ない道は常に睨みながら歩くので基本的に声はかけられません。

自分の個性を生かすのが大事です。

といいつつも話しかけられたら笑顔になってしまいますが。

しばらく歩いていたら人通りが増えてきて24時間空いているお店も見えてきたので一安心。

ホテルまではあともう少しの距離です。

普通に怖い

ホテルの前に到着したがここも人通り0で怖い。

しかも入り口がどこにあるか全くわからなかったのでこの周辺をうろついていた。

売店の人に聞いて無事にホテルに到着。

ついでに飲み物やお菓子も買いました。

泊まる人はしっかりホテルの名前を覚えておくようにしましょう。

わかりにくいので。

本当に自由な人達

泊まったホテルはドミトリーである。

そこにいる人たちは何より自由。

旅人だからってものありますが本当に自由。

見た目もそうだが人の物や充電ケーブルを勝手に使ったりととにかく自由。

僕もパンツ一枚で爆睡してみました。

開放感がありました。

ブラジルまでの旅カテゴリの最新記事