神速トラベル日記

~世界最年少で196カ国を周る~

ヨルダンのアカバからエジプトのカイロまでの道のり。

time 2019/03/18

ヨルダンのアカバからエジプトのカイロまでの道のり。

sponsored link

港なのに

ヨルダンのアカバからついにエジプトのヌエバへ。

大型フェリーターミナルの海は汚い印象だがここまで綺麗な海は初めてだ。

紅海で泳がなかった事を後悔してる。

厳重に管理された柵越しで海をただ眺めていた。

海を眺めるのは嫌いではない。

泳ぐのは嫌いだが。

柵のない場所を見つけたのでしばらく写真をとっていた。

ここで写真を撮る人はなかなか多い。

ヨルダンで唯一の海ということもあるからだ。

中東の海がこんな綺麗だとは思わなかった。

世界はまだまだ広い。

いざアフリカ大陸へ

エジプトは中東とも言われているがアフリカ大陸に位置する。

つまりはじめてのアフリカ大陸進出である。

アフリカは人生で一度は行きたかった場所。

特にエジプトのピラミッドは特に行きたかった場所。

教科書で見たものを実際に見に行ける事を楽しみにしていた。

この船は非常に大きく車はもちろんバスも何台か乗っていた。

なぜイスラエルからエジプトに入国しないかというと国交の問題。

イスラエルの出入国スタンプがあるとエジプトに入ることが出来ないからだ。

別紙でスタンプを押してもらうことも可能だが、確実に入国できるのはおそらく船。

というより船での入国をしてみたかっただけである。

人生初の海外野宿

エジプトのヌエバに到着。

到着が夜中の2時だったため野宿して翌朝に首都カイロ行きのバスに乗る。

野宿といってもフェリーターミナルの敷地内なので安全面は確保できている。

熱帯夜の中頑張って寝る努力をしていた。

誰もいない駐車場で寝るのは実際不安である。

寝過ごしてバスに乗れなくなるのが一番嫌なのでバスターミナルへ向かう。

すぐ近くにバスターミナルをみつけたが門が開いておらず街灯のない暗闇の中で彷徨っていた。

そして眠くなってきたのでバスターミナルの門の前の道路で朝まで寝ることに。

夜中3時半くらいなら危ない人も流石に寝てるだろうと思ったので道路で寝た。

近くに銀行の警備員もいるので大丈夫かと思ったので。

海外の野宿は絶対オススメしないが、もしするなら安全の確保はしっかりしましょう。

新しい朝

道路でしばらく寝ていたら外が明るくなってきた。

その後ついにバスターミナルの門が開く。

非常に長い夜だった。

あとはバスが来るまで待つがバスの時間がわからない。

とりあえず運転手らしき人が来るまで待機。

時差

バスはすぐ近くのダハブ行きが6:30と言われた。

そのあと9:00発か12:30発のバスに乗り換えてカイロと言われたが、僕はダイレクトでカイロに行きたい。

ヌエバからカイロ行きは10:35発の一本のみである。

値段は150ポンド。

なのでしばらくバスターミナルで待つが長すぎる。

10:30くらいになったのでバスはまだかなのか聞いたらまだ1時間くらいかかると。

時計を確認するとエジプトとヨルダンで1時間の時差があることが判明。

わりと絶望的だった。

暇つぶしの街歩き

1時間も時間を余らせていたので飲み物を買うついでにヌエバを散歩してみる。

山に囲まれた何もない田舎町という印象だ。

外務省の治安レベルだとレベル3に位置する場所だが危ない感じはあまりしない。

この街周辺は武装集団がいるので渡航の際は気をつけましょう。

エジプトに入国した途端、物価が非常に安くなる。

なので朝は色々と食べてバスの中で食べるお菓子も買っておいた。

エジプトといえばコシャリというローカルフードが人気で食べるのが非常に楽しみである。

この街では見かけなかったのでカイロまで我慢。

そしてバスが来ていよいよバスの長旅が始まる。

嫌な予感

バスはアフリカクオリティと言っておいた方がいい。

値段によってバスの設備が異なるので出せるなら少しお金を出していいバスに乗るべき。

僕が乗ったバスは異様な音がしておりスピードが遅い。

そして運転中にメンテナンスするという斬新さ。

とりあえずカイロに到着すれば何も文句言わないので頑張ってくれ。

そう応援していた。

的中した

嫌な予感は的中した。

バスが完全に壊れて砂漠の中で取り残されてしまった。

日が暮れてきてわりと絶望的だった。

しばらくするとバスが一台通りかかったのでみんなでバスを止めて満席のバスにみんなで無理矢理乗り込む。

めちゃくちゃ暑くて大変だったが無事にカイロに到着。

この日はホテルに到着した後は速攻で寝た。

sponsored link

down

コメントする




特集

自己紹介

空飛ぶ宮崎

空飛ぶ宮崎

横浜共和国に住む22歳の大学生。 日本全都道府県を訪問し、2017年8月に初海外で東南アジアを渡航。 現在までに48カ国120都市を訪問しブラジル・サンパウロ州に半年在住。



sponsored link