ブラジルのマラソン大会と運動会。

ブラジルのマラソン大会と運動会。

一睡もせずに

ついにマラソン大会の日になった。

 

 

この日の前日は日本の友人と連絡を取っていたため寝る事ができなかった。

 

 

日本とブラジルの時差はちょうど12時間。

 

 

ブラジルが夜だと日本は昼なので夜中に活動している事が多かった。

 

 

さらにこの日の前日はものすごい量のパスタを食べていたので胃が荒れていた。

 

 

 

 

 

 

朝も6:30起きとかなり早い。

 

 

寝ていなかったので遅刻の心配は無いが倒れないか不安だった。

 

 

受付をした後はマラソン大会のTシャツと飲み物とバナナとパンが支給される。

 

 

とりあえずバナナだけ食べて芝生に横たわっていた。

 

 

そのくらい胃痛でやられていた。

 

 

コンディションは大切にしましょう。

 

 

 

 

 

一人だけ場違い

多くの参加者はランニングシューズやスポーツウェアに対して僕は私服にトレッキングシューズ

 

 

マラソンをなめた格好である。

 

 

正直に言うと格好くらいはしっかりしたかった。

 

 

しかし帰りの荷物が多くなるのが嫌だったので買うのをやめた。

 

 

結論はマラソンを甘く見ていた。

 

 

 

 

 

格好だけは仕方ないがしっかりと準備運動をする。

 

 

行動面だけはしっかり誠意を見せる。

 

 

運動をすると高確率で怪我をするので。

 

 

音楽をガンガンにかけてストレッチをするのでむしろ軽いダンスをしている感じだ。

 

 

割と統一感ある準備運動は南米らしさが無いので意外な一面を見る事ができた。

 

 

 

 

 

 

スタート直前の緊張

どんな時でもそうだが何かが始まると緊張するタイプ。

 

 

旅をする前やブラジルに生活する前や初めての人と会う時のような感覚。

 

 

緊張感を持つ事で油断をせずリスク回避がうまくいくので長所だと捉えてる。

 

 

特に海外渡航はいつも緊張感を持っているので強盗やひったくりに遭遇したことはない。

 

 

しかし人に対しては緊張感を持たないことが多く痛い目にあう。

 

 

自分の改善すべき点だ。

 

 

 

 

 

 

 

10位以内に入ることを目標としているので先頭列に並んでいた。

 

 

謎に握手されたりしてなぜかライバル意識をされていた。

 

 

マラソン参加者に若い人が少ないから警戒されてたと感じる。

 

 

素人ながらもイヤホンして貫禄を見せつけていた。

 

 

私服だが。

 

 

そしてスタートの合図と同時に最初は飛ばす。

 

 

 

 

 

完走後のご褒美

序盤はトップを走っていたが、坂道の途中で夜中に食べたパスタを戻しそうになった。

 

 

いつのまにか自分との勝負が始まっていた。

 

 

結果はトップ10入りは厳しかったが、20位以内に到着したのでよしとする。

 

 

知人達も無事にみんなゴールしたため大盛り上がり。

 

 

チームのテントブースの中にケーキやお菓子が配られていた。

 

 

ご褒美の時間だ。

 

 

 

 

 

 

色々と食事を出してもらったのに飲み物だけしか飲まなかった。

 

 

食べ物が食べれなくなるくらい胃痛がしていた。

 

 

それと誰とも話せないストレスもありさらに胃痛。

 

 

そんな事はないがとにかく飲み物を飲むだけでした。

 

 

そして午前の部は終了。

 

 

 

 

 

 

休む暇もなく

午後は運動会があるのでシャワーを浴びてすぐに会場へ。

 

 

既に始まっていているので途中参戦。

 

 

最初は見学してたが人数の関係で競技に参加することに。

 

 

運動会の休憩中もバスケットコートがありバスケットもしていた。

 

 

あまりにも疲れて昼ごはんが食べれなかった。

 

 

疲れてご飯が食べれないのは部活時代以来だ。

 

 

 

 

 

 

最初に参加したのはダンス。

 

 

この時に初めて同年代達と絡むようになる。

 

 

これがなければずっと僕はレジストロで一人で生活してたと思う。

 

 

そう思うと無理してでも参加して良かったと思った。

 

 

その後は100m走やリレー。

 

 

走るのには自信があり3〜4回ほど一位を取り、景品をもらえた。

 

 

生活用品をたくさんもらえて一人暮らしの僕からしたら非常にありがたかった。

 

 

 

 

ここにきて初めての事

運動会が終わった後は何人かでアイスを食べに行った。

 

 

ここにきて初めて集団で行動した。

 

 

久々過ぎて嬉しかった。

 

 

みんなで行ったのはアイス屋さん。

 

 

アサイーというアマゾンで有名な果物のアイス。

 

 

とても甘くて美味しいがカロリーが気になってしまう。

 

 

 

 

 

 

食べ終わった後は教会の前でUNOをやる。

 

 

娯楽施設が特にないのでカードゲームをすることが多いとの事。

 

 

久々のUNOでルールを忘れていたがやりながら覚えていった。

 

 

カードだけで仲良くなれる平和なレジストロが大好きです。

 

 

非常にいい一日にでした。

 

 

 

 

 

 


 

ブラジルの生活カテゴリの最新記事