ジャマイカのキングストンでの逃亡劇

ジャマイカのキングストンでの逃亡劇

渡航日:2018/11/28

悲劇の予兆

前回の記事に引き続きキングストンの街歩きについて。

現地で出会った男に町を案内してもらう。

前半は何一つ文句がなくて最高の人だと感じた。

しかし、別れ際になると急に態度が変わった。

“今日は案内をしてやったから500USDな”

それを聞いた僕は払いたくないので断った。

そういうと彼は今にでも殺してきそうな殺気を放ったのでポケットにあった500円を急いで渡して

“ATMに行きたいから案内してくれ”

と時間を設けさせた。

そしてATMのある場所に到着した。

僕の選択肢はたった一つ。

“絶対に逃げ切る”

その気持ちがとにかく強かった。

ATMの前にトイレに連れてってもらい作戦を練る。

足の速さだけは自信があったので一瞬の隙があれば逃げれる確信があった。

逃走中

トイレの後に階段を降りるタイミングと同時に全力で走る。

相手も流石に逃げるとは思わなかったので完全に不意を突くことができた。

先に結果を言うと逃げ切る事ができた。

しかし、一度目は来た道を戻ってしまったため遭遇してしまった。

“急に走ったら面白いかと思って、、、”

そんな事をいって誤魔化してもう一度逃げる。

二回目も直線のみで逃走したため捕まった。

金の請求前に草を使っていたのでラリったフリしてまた誤魔化す。

そして3度目の逃走は反対車線にATMを見つけたのでそこで金を下ろすといった。

中央分離帯から相手が道路を渡ったところ反対側に逃げる。

1.2回目の逃走の失敗を糧に3度目はしっかり逃げ切れた。

そしてバスを二回乗り継いで空港行きのバス停まで到着。

キングストンは街が小さいため遭遇しないか心配だった。

とにかく心臓の音が止まらないほどドキドキしていた。

行き先を相手に話した覚えがあったので恐れていた。

こう言う時に限ってバスがなかなかこない。

夜のジャマイカ観光も楽しそうだが

“早くこの国を出たい”

この気持ちがとにかく強かった。

レゲエを楽しみたかったがそんな余裕がなかった。

そしてバスが到着して空港へ。

なぜだかわからないが安心をしてしまった。

しかし、震えは一向に止まることがない。

ここまで恐怖を感じた事はあまりないので今となってはいい経験だ。

この出来事は失敗どころかむしろ成功だと感じる。

理由は今生きている事と今後に繋がることだからである。

生きてれば勝ち。

不安な空港泊

キングストンの空港に到着した。

もう2度とくる事はないだろう。

普段ならどんな場所でも寝れる僕だが、この日は眠れなかった。

自分の近くを歩く人すべてに警戒していて挙動不審になっていた。

朝一の飛行機だが、搭乗時間3時間前にならないとチェックインができないので出発ゲートで待っていた。

出発ゲートは誰でも入って来れるのでとにかく心配していた。

そして朝になり搭乗ゲートへ。

ここまでくると安心だが、それでもまだ緊張が解れない。

朝まで手が震えていたことはいまだに忘れない。

この後の飛行機は無事に時間通りに出発してアメリカのフロリダへ向かった。

離陸と同時に全てから解放された感じで思わず笑みが溢れた。

空からのご褒美

上空からみるキングストンは自然豊かで平和な雰囲気である。

しかし、中心地はあまりいい場所と感じない。

もちろんそんなこともないと思うが、今回の件で悪い印象がついてしまった。

いい国かどうかの基準の一つとして

“家族や恋人など大切な人と歩ける場所か?”

そう思うといい国は限られてくる。

しばらくすると雲がかかった山岳地帯を通過。

この場所はブルーマウンテンといわれるジャマイカの唯一の世界遺産である。

さまざまな生物がいるらしいが知名度は低い。

上空から見るだけでも十分いいだろう。

正確には僕自身が様々な秘境を巡ったのでそれに満たない物だと。

もし、次にジャマイカを訪れるなら北部のモンテゴベイを観光する。

なぜか安心してしまう先進国

カリブ海を北上し、いよいよアメリカへ。

これまで治安の悪い中南米を回ってきたため安心してしまう。

アメリカも治安が良くないが、先進国かつ英語が通じるのでハードルが一気に下がった。

もしなんかあっても日本にすぐ帰れる。

なんだかんだアメリカは初めてなのでテンションが上がった。

ジャマイカを抜かれたことによってアドレナリンが出ていた。

トランジットで半日しかいないので到着後はマイアミ海岸を目指す。

果てしなく縦に続く海岸に驚いた。

綺麗な街に行ける喜びはあまりにも大きすぎる。

同時にアメリカに到着したら気候が変わっていた。

フロリダは南部なのであったかいが夜は寒い。

無事に入国していざアメリカ観光へ。

ブラジルから日本を目指す旅カテゴリの最新記事