神速トラベル日記

~何も無いからこそ全てを得る事ができる〜

ヒデンバレーで子供達に殺されかけた話。

time 2018/12/01

ヒデンバレーで子供達に殺されかけた話。

sponsored link

山奥の秘境へ

ヒデンバレーで楽しんだ後は近くにある滝をみるためにさらに山奥へ進む。

滝への行き方は竹でできた道をひたすら2キロほど進むだけ。

フラットなので歩きやすいが濡れている場所は滑るので要注意。

人気もないので大自然を感じながら心を癒せる最高の場所だ。

誰もいなくて少し恐怖心があるが鳥たちの声が聞こえるので何も問題ない。

自然が自分の心を包めてくれる。

とてもいい気持ちになる。

そして目的地の滝はこの川の奥。

人は誰もいません。

そして目の前に川が見えたので写真を。

川は濁っている。

事件はここから始まる。

この滝の上を見上げると数十人の子供がいて
僕にむかって思いっきり石を投げてきた。

手のひらサイズの石が
高さ15mの場所から
飛んでくるので非常に恐怖でした。

最後はでかい岩を
足で蹴って落としてきたので
確実に僕を殺しにかかってました。

やばい、これは死ぬ!!!

川を猛ダッシュして逃げ切りましたが足元は
びちゃびちゃである。

命があるだけ有り難かった。

生きてるって素晴らしい。

このあとは速攻でヒデンバレーに戻り
何事も無かったかのようにお食事。

レストランの中は南国風である。

ご飯はビュッフェスタイルで好きなものを
取ることができる。

しかし、ほとんどがお米を使った料理なので
お米×お米という感じである。

お肉ももちろんありますので問題はないですが
食べ放題ではなかった。

食べ終わったあとはトゥクトゥクで町の方に戻り道路でマニラ行きのバスを拾い戻る。

今度はバスを間違えないように気をつける。

そして3〜4時間ほどでマニラ市内に到着し
辺りが暗くなり始めた。

ホテルに向かいつつ夜はマニラを観光する。

sponsored link

down

コメントする




特集

自己紹介

空飛ぶ宮崎

空飛ぶ宮崎

横浜在住の22歳の大学生。 日本全都道府県を訪問し、2017年8月に初海外で東南アジアを渡航。 現在までに48カ国120都市を訪問しブラジル・サンパウロ州に半年在住。



sponsored link